海と陸との境目に生息するマングローブの森。海から陸への浸食を防ぎ、川の水を浄化し、鳥類や海の生物の巣や、食物の保管庫としての役割を果たす。

ニューカレドニア独特の自然が織りなすメカニズムで、海と大地の生態系を守っている。 有名な写真家ヤン・アルテュス・ベルトランの作品によって知られるようになった、マングローブによってハート型に囲まれたラグーン、ヴォーのハートは、まさに自然を脈動させる心臓を象徴している。

A heart known worldwide

Voir plus
  • in the heart of the mangrove

    In the heart of the mangrove

    Nothing seems more conventional basically than this natural clearing of four hectares, that has grown in the heart of the mangrove at Voh on the edge of the lagoon. The saline flats are the areas around the mangrove that have relatively little plant life and that, when seen from above, have a practically-perfect heart shape.

ヴォーの必見場所