モーゼル湾にある朝市は、ニューカレドニアで最も大きい市場です。青い瓦で6角形の建物が5つ。誰にでもわかりやすいロケーション。火曜日から日曜日の朝5時からお昼まで、朝市が立ちます。

1991年に開かれて以来、ヌメア住人、観光客またグルージングの旅客などが多く訪れています。訪れるための唯一のコツ:朝早ければ早いほどいい!

Colorful market

Voir plus
  • Port Moselle Market in Noumea

    Local products

    建物5軒のうち3軒で生鮮食品が販売され、そのうちの大多数が地元産です。パイナップル、バナナ、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツなどの果物だけでなく、季節によっては、山芋やタロ芋、さつまいも、ハヤトウリなども見られます。ハチミツやジャム、果物や野菜のアチャラ漬け、スパイスや菓子パンなどの特産品もお見逃しなく。

  • The bar of Port Moselle Market in Noumea

    French bar

    立ち飲みスタンドにも是非寄って見ましょう!一つ目の建物の中央にある「フランス的」なこの立ち飲みスタンドは、早朝多くの人で賑わいます。美味しいクロックマダムが評判です!

  • Fish shop of Port Moselle Market in Noumea

    Sea products

    漁船を見渡す海側の建物では、海産物を販売。是非足を運びましょう。遠洋やサンゴ礁内の獲れたての魚や伊勢海老などは、何と言っても朝市の主役です。マングローブ蟹や青味をおびた大きなエビ、タコ、伊勢海老、テングハギ、ボラ、シイラなどが溢れる様子は見ものです。

  • Port Moselle Market in Noumea

    Souvenirs

    また、30軒以上ある民芸品や布製品、お土産スタンドは、観光客に人気です。