フライフィッシング、沖釣り、カニ漁、投網漁、スピアフィッシング…ニューカレドニアでは、釣りは娯楽であると同時に、食糧の自給手段でもあり、地域の財産でもあるのです。先祖伝来の方法であれ、現代の技術であれ、釣りは今なお、南太平洋の島国のDNAにしっかりと刻み込まれているのです。

フライフィッシング 自然と一体になる

フライフィッシングに最適な場所 世界トップ5に選ばれたニューカレドニアは、このスポーツフィッシングを楽しみたい人にとって、まさに天国といえます。特にグランドテール島北部のラグーンが干潮になる頃、自然と一体になり、そのリズムに身を委ね、じっと謙虚に待ち続けたフィッシャーは、素晴らしい環境の中で大漁が期待できるでしょう。

釣り、スポーツと伝統の間で

Voir plus
  • 沖釣り

    沖釣り

    沖合では釣り場と道具が変わります。カレドニアのラグーンの沖合の海底は、ある種の釣りにこの上なく適しています。それはスポーツとして、カジキ、メカジキ、マグロ、マイマイ、サワラ(の一種)と一対一の対戦を楽しむ釣りです。釣り好きの人にはこれだけの説明ではもの足りないでしょう。釣り上げた魚を殺したり、持って帰る必要はないのです。沖釣りの楽しみは、獲物を追い込み、格闘し、それを生きたまま海へ返すことにあるのです。

  • 伝統的な漁法

    伝統的な漁法

    フライフィッシングや沖釣りが、漁の現代的スタイルであるとすれば、ニューカレドニアでは、生きる糧を得る手段として、驚きの技と巧でもって数千年前から釣りを行ってきました。とりわけカニ漁は、指を挟まれずに多くの獲物を得るには技量と経験を必要とするものです。また、投網の華麗な技術も注目に値します。丁寧にまとめた大きな網を肩に担ぎ、それを自由に操るには相当な技術を要します。

  • スピアフィッシング、これぞスポーツ

    スピアフィッシング、これぞスポーツ

    潜水ができ、水中銃を扱える人にとっては、ニューカレドニアはスピアフィッシングにうってつけの場所でもあります。獲物を探すには、環境と目の保養ができる景観も、スピアフィッシングにはとても重要です。カレドニアのラグーンは、水生動物相の豊かさでも海底の美しさでも、あなたを魅了すること間違いなしです。

利用できるサービス

サービスをもっと見る

ニューカレドニアがあなたを待っています!

18113.00 ¥

シャトーロワイヤル・ビーチリゾート&スパは、アンスバタ湾の美しいビーチへの直接アクセスが可能、また豊富なサービスを供え、ここでのご滞在は特別で忘れ難いものとなることでしょう。

-10.00%

シャトーロワイヤル・ビーチリゾート&スパは、アンスバタ湾の美しいビーチへの直接アクセスが可能、また豊富なサービスを供え、ここでのご滞在は特別で忘れ難いものとなることでしょう。

Offer Air calin

大阪 / ヌメア

2018年夏のキャンペーン-海外航空券

もっとも安い料金
33000 JPY