ニューカレドニアは博物館や文化センターが充実しています。全土に、現代に生きる文化の記憶を守り、その価値を伝えるための場所があります。ヌメアには多数の博物館が集中しています。

ヌメアの博物館

記憶の継承

この島で最も長い歴史を有するニューカレドニア博物館を始め、市立博物館、海洋博物館、2013年にオープンしたばかりの第二次世界大戦博物館まで、ヌメアには幅広い博物館がそろっています。

博物館

Voir plus
  • チバウ文化センター

    チバウ文化センター

    現代芸術作品の展示が充実

    ユニークな外観を持つ施設。 ティナ・ゴルフ場に隣接するメラネシア文化センター。イタリア人建築家、レンゾ・ピアノが設計した奇抜な外観が目を引きます。ヌメア中心部およびアンスバータ地区から、車で15分ほど。ニューカレドニア博物館がメラネシアの歴史を紹介する展示だとすれば、こちらは現代芸術作品の展示に重点がおかれています。 常設展示だけでなく、数ヵ月ごとに変わる特別展、またダンスや演劇を公演するホール(室内、野外)があります。 広い庭園内にはメラネシアの神話世界を体感できる散策道、伝統家屋カーズなどがあり、見どころ豊富な施設です。

     

    チバウ文化センター
  • Bourail museum New Caledonia

    サバンナ地帯の博物館と文化センター

    ヌメアから1時間半のところにあるブーライユ博物館は、サバンナ地域における日々の暮らし、特にこの地域の農業遺産を集約した場所です。さらに北の方へ行くと、コロニアル様式の古い建物内にあるコーヒーエコミュージアムでは、この国に入植したパイオニアたちの家族の独特の生活文化を知ることができます。

    その他の文化センター

    • ヤンゲンのゴア・マ・ブワラ文化センター
    • コネのポメミー文化センター
    • モン・ドレの文化センター
    • ラ・フォアの社会文化センター

      

  • チエバギ村 野外博物館 ニューカレドニア

    チエバギ村、野外博物館

    標高600mの鉱山に位置する旧鉱山村のチエバギはグランドテール島北部のクマック地区にあります。ここは有志組織により、細心の注意を払い保存された素晴らしい場所で、驚きの発見の連続となるでしょう。

    1870年代に開拓されたこの村は、まさに野外博物館といえます。病院、見世物小屋、特に鉱夫たちの生活が、再建され保存された遺跡の中で詳細に説明されており、3時間の心に残る探訪で鮮やかによみがえります。

    チエバギの必見場所
  • ミュージアムナイト

    ミュージアムナイト

    毎年5月、祝祭ムードのあるイベントが行われ、博物館や文化センターなどを夜に見することができます。完全無料のこのイベントは、ヌメアやサバンナの様々な博物館を、懐中電灯を手に巡る楽しいイベントです。

利用できるサービス

サービスをもっと見る

ニューカレドニアがあなたを待っています!

18113.00 ¥

シャトーロワイヤル・ビーチリゾート&スパは、アンスバタ湾の美しいビーチへの直接アクセスが可能、また豊富なサービスを供え、ここでのご滞在は特別で忘れ難いものとなることでしょう。

-10.00%

シャトーロワイヤル・ビーチリゾート&スパは、アンスバタ湾の美しいビーチへの直接アクセスが可能、また豊富なサービスを供え、ここでのご滞在は特別で忘れ難いものとなることでしょう。

Offer Air calin

大阪 / ヌメア

2018年夏のキャンペーン-海外航空券

もっとも安い料金
33000 JPY