赤土に覆われた大地と今なお手付かずで残るユニークな自然、そしてその壮大な景観で知られるグランスッド(偉大なる南部)。ここには巨大なヤテダムとその湖があります。海抜160mに位置するダムは高さ45m、長さ641m。湖の面積は約40㎢にも及びます。ニューカレドニア南部の必見スポットをお見逃しなく!

ニッケルは、ニューカレドニアを支える主幹産業。このニッケルがなければSLN(Society le Nickel〜ニューカレドニアを代表するニッケル会社)もなく、そして1959年にヤテダムが造られることもなかったでしょう。当初、ドニアンボにあるSLNのニッケル工場に電力を提供していたヤテダムは、現在、68MWの電力を供給する発電所を支えています。

ヤテダムについて

Voir plus
  • yaté dam

    発電の仕組み

    ニッケル工場への他、ヤテダムはニューカレドニアで消費される電力のうちのほぼ2030%を供給しています(年によって変動)。人工湖によって動力が与えられ、17MVの容量を有する発電機はそれぞれ8600Vの電圧で電流を作り出します。電圧は高ければ高いほど伝送が容易になるため、それは150KVにまで上げられます。また、水に関しては2600mにも及ぶ長い回廊を通じて発電所に運ばれていきます。

  • The ‘Gigawatt’ race departs from the Yaté dam every year

    ヤテダム出発! 毎年恒例の“ギガワット”レース

    “ギガワット”レースは、グランスッドの赤土の大地を駆け抜けるトレイルランニングレースで、毎年、ヤテダムがスタート地点となっています。参加者は10km20km30kmのコースを選ぶことができます。レース参加の際は日焼け止めを忘れずに!

  • The Yaté Lake

    ヤテ湖について

    グランスッドの美しい景色を写真に残し、素晴らしい思い出をつくりたいなら、ヤテの方向へダムを渡り、数km進んだところにある展望台(進行方向左側に標識あり)まで訪れてみてください。ここからはヤテ湖の大部分を眺めることができます。通常は水をたたえている湖ですが、例外的に水位が低くなる23月にはまたひと味違う景色を楽しめるでしょう。

  • Warning Yate dam

    安全な観光のための注意事項

    安全上の理由から、19961231日の注意事項No.2768によって下記のことが定められています。

    • ヤテダムとUnia橋の間での入水や遊泳は固く禁じられています。
    • 河川の横断は、ダム管理に関するリスクと遵守事項に言及した警告サインによって規制されています。

    特に大雨の後、貯水安全上の理由から管理者はいつでも排水を行うことができなければなりません。入水や遊泳を行なっていた場合、避難が間に合わなくなる可能性があります。