グランドテール島の最北端に位置するプーム地域のラグーンには、あまり人影が見当たりません。ですから、リーフはもとより、沖合で釣りを楽しみたい方にもぴったりの場所なのです。魚が釣れることは、ほぼ100%保証つき!

夜明けの釣り

特別な朝釣りを体験してもらおうと、クリスチャン・エルヴエは夜明けごろ、釣り船の準備をし、釣道具をそろえます。薄暗い中に、美しい景色が現れてきます。クリスチャンの船、マラブー・フィッシング号は、ティアンブアンなどの美しい小島を見ながら、ラグーンの穏やかで澄み切った水面を切り進んでいきます。雲一つない空、風もなく、海はまさに鏡のように澄みわたっています。美しい景色を眺めながらコーヒーを一杯。あたたかいおもてなしを受けたら、あとは魚を見つけるだけ!

Voir plus
  • 釣り場をほとんど一人占め

    釣り場をほとんど一人占め

    北部のラグーンのメリットは、プレジャーボートがほとんどいないことです。人口が少ないこともあり、ここで他の釣り船やプレジャーボートを見かけることはほとんどありません。ですから、釣り場を独占しているような気になります。クリスチャンは「魚が釣れる確率はほぼ、99,9 %保証できます。人がいないということだけではなく、ここのラグーンはとても豊かなんですよ」、と話しています。いざ、沖へ!

  • 驚異の釣り

    驚異の釣り

    自分の釣道具を持ってきていなくても、クリスチャンは釣り竿をしならせる技を知っています。この海を自分の庭のように知り尽くしている彼にとって、知らない場所はありません。そう、クリスチャンと釣りに出かけるということは、最高の釣り場に行けるということであり、スポーツフィッシングをラグーンで楽しんだり、大漁狙いの沖釣りをするということなのです。カジキ、サワラの一種、マグロなどの大物が釣れないことはほとんどありません! 10月末ごろにやってくる、バウムと呼ばれることもある大カラングというスズキ目の魚を釣り上げることは、スポーツフィッシングをする人にとっては大きな楽しみで、そんな釣りができれば最高です。

  • 夢のスポットでフィッシング

    夢のスポットでフィッシング

    グランドテール島北部のラグーンは素晴らしいものです。人が少ない手つかずの自然の風景の中、海のロビンソン・クルーソー気分を味わえます。釣りの帰りには、数多く浮かぶ小島に船を泊め、釣ったばかりの魚を焼いて食べたり、海水浴でリラックスしたりもできます。人を恐れない魚や鳥がすぐそばまでやってくることもあります。

利用できるサービス

サービスをもっと見る