ニューカレドニアには、初心者からベテランまで楽しめる素晴らしいダイビングスポットがあちこちにあります。海の中では、「コーラルヘッド」に集まるカラフルな魚たちを、ダイビングスーツやボンベなしでも観察することができます。装備を身に着けたダイバーには、バリアリーフ、水路、海底の急斜面などで、海洋の住民たちとの出会いが待っています。

フィン、マスク、シュノーケル

長時間の潜水をせずとも、素晴らしい海の世界を楽しむことができます。フィン、マスク、シュノーケルの三点セットを装着すれば、チョウチョウウオ、ギンガメアジ、ブダイ、クマノミを始め、多くの魚たちと出会えます。カナール諸島の海中散策ルート、アメデ灯台近くの海底、ポエのラグーン、ヤンゲン、ロイヤリティ諸島など、どこでも、海に潜れば、そこには素晴らしい世界が広がっています。

素晴らしいダイビングスポット

Voir plus
  • Dive on Shipwreck close to the Amedee Lighthouse in Noumea

    難破船を見る

    ニューカレドニアはサンゴ礁に囲まれた島で、船乗りにとっては危険な場所でした。今日、多くの難破船は、ラグーンの生物はもとより、経験豊富なダイバーたちにとっても貴重な場所となっています。アメデ灯台のディエッポワーズ号と同様、ゴエラン島方面のサンバーント・カントリー号もダイビングスポットとしてよく知られています。酸素ボンベを背負ってダイビングするなら、難破船だけではなく、ポワンディミエやヤギの森、北部州プムの海底斜面、またはイル・デ・パンの澄み切った海など、素晴らしいスポットを楽しめます。どのスポットにするか迷ってしまいますね。

  • dive in apnea in the Caledonian lagoon

    フリーダイビング

    ニューカレドニアは、フリーダイビングをする人にとってはパラダイスといえるでしょう。驚くほど透明度の高いラグーンの海は、大満足の水中散策を約束してくれます。その上、人の少ない海に暮らす魚は人をほとんど恐れません。魚になった気分で海を楽しみましょう。

  • Diving in the heart of the special reserve of the Canard islet in Noumea

    必見のダイビングスポット10か所

    • グランドテール島南部州のプロニー岩と同名の湾
    • グランドテール島南部州、ゴロ湾沖のフォッス・オー・ルカン(サメ海溝)
    • ヤンゲン沖のラ・カテドラル
    • イル・デ・パンのピッシンヌ・ナチュレル
    • ウベアのデリヴァント
    • ヌメアのアメデ灯台
    • リフー島の洞窟
    • ブーライユのヴェルテ島のフォッス・パス
    • テニア島のサンゴ礁斜面と海中洞窟
    • ヌメアのカナール島特別保護区

利用できるサービス

サービスをもっと見る