ブーニャはカナックを代表する料理です。根菜、ココナッツミルク、そして伝統的には魚をベースにしたもので、カナックの典型的な一品です。ブーニャは、レストランや部族の人々のところで味わうことができます。

カナック伝統の窯

部族の人々のところに滞在すると、ブーニャ作りに誘われることがよくあります。ヤムイモやキャッサバの下ごしらえをする前に、土に穴を掘り、焼き石を用意して、伝統様式の窯の準備をします。この穴の中で何時間もかけてブーニャを煮込んでいきます。

Voir plus
  • Preparing a Kanak bougna in a bed of banana leaves

    カナック・ブーニャの下ごしらえ

    お肉、根菜、ココナッツミルクに加え、ポワンゴ・バナナ(またはプランテーン)を一緒に煮込むこともよくあります。ブーニャは、もともと簡素で栄養価の高い料理でした。何枚も重ねたバナナの葉の窪みに食材を並べ、ココナッツミルクを注ぎます。食材を葉で包んでくくったブーニャを、熱した石に置いて蒸し焼きにします。なんという美味!

  • Lifou vanilla used in kanak dishes in New Caledonia

    カナック料理は100%自家製!

    ブーニャだけがカナック料理ではありません。諸島やグランドテール島に息づく数多くのお祭りがそれを物語っています。それぞれのお祭りはカナック料理を味わえる機会でもあります。リフー島では、今日、あらゆる料理にバニラが入っており、比類ない風味を与えています。さらに驚きなのは、サラダや添え物に供される「パハトル」と呼ばれるシダ科の若芽です。

  • Eat Bougnat in the East Coast tribe in New Caledonia

    カナック料理を味わえるところは?

    ブーニャを味わうには、部族の集落に滞在したり、地元の食堂、特に諸島や東海岸へ行くと良いでしょう。下ごしらえに時間がかかるため、この伝統料理を味わってみたい、という要望をホスト側にしっかりと伝えておく必要があります。コロソルジャムやマンダリンシロップを味わうのもお忘れなく。

  • Kanak cuisine in restaurants

    レストランで味わうカナック料理

    ブーニャや、魚や根菜とパハトルを絶妙に組み合わせるこれらの料理は、部族を飛び出し、カレドニアのシェフたちのテーブルへとやってきました。ヌメアにあるラシエット・ドュ・カグーというレストランでは、地料理を提供しています。パンダヌスというスナック・レストランも同様です。このレストランは、サツマイモまたはキャッサバのグラタンを添えた良質の魚料理で知られています。北の方では、ラ・ネラのホテルで、カナック族のシェフがドーフィネ風サツマイモのコロッケを提供しています。

利用できるサービス

サービスをもっと見る

ニューカレドニアの大自然が、あなたの欲求を全て満たします!