ニューカレドニアでは、馬は王様です。北から南まで、野生や飼育されているもの、競走馬や遠乗り用などを含めて、住民20人当たりに1頭がおり、馬は島の風景の一部をなしています。山と海岸の間を馬の背に乗って何時間か散歩する、これもまた、カレドニアのサバンナの自然な姿を知る最良の方法の一つなのです。

馬、あらゆる地に適応する乗り物

ニューカレドニアの中央山脈は、外から眺めている限りでは、その一部がわずかに見えているだけの広大なものです。牧場で馬に乗ってみてこそ、この山の多様性と最も野性的な姿を知ることができます。徒歩では足を踏み入れることのできない場所も、馬の背に乗れば散策も探検もできるところになるのです。

Voir plus
  • Horse riding in East coast of New Caledonia

    山脈に足を踏み入れる

    平野を見渡し、地形の凹凸を眺め、遠くに太平洋を望む素晴らしい景色を求めて、勾配のきつい坂道を少しずつ上っていきます。牧畜を何よりも大切にする農家やベテランガイドの案内は、この地域の動植物相をよく知ることができる、この上なくいい機会です。

  • Horse riding in the beach in New Caledonia

    海辺でギャロップ

    山を下り、海辺へ出てみると、全く異なる風景が広がります。馬を上手に操れば、浜辺には行く手を遮るものは何もなく、馬も乗り手も元気いっぱいにギャロップで駆け抜けることができます。村の玄関口、レブリ半島には、馬でトロットしたり、一息ついたり、ピクニックや海水浴をするのはもちろん、浜辺には美しいマングローブ林が広がり、引き潮の時には探検もできます。

  • Equestrian centre in New Caledonia

    馬上で歴史を学ぶ

    乗馬で出会う別の驚きは、この遠乗りがニューカレドニアの歴史を学ぶ扉を開いてくれることです。サバンナの人々が、その地に暮らす家族の歴史や土地を巡る争い、そして今では、人々が共有の価値観の周りに集えるようになったことなどを語ってくれます。

  • Cattle farming in New Caledonia

    ウェスタン流の乗馬

    風景に溶け込みたいと思ったなら、カウボーイハットをかぶり、ジーンズと皮のブーツを履きましょう。パロデイー?そうでもありません。牧場の人々とともに家畜を追う、体力の要る一日を一緒に体験することもできるのです。一度は体験してみたい!

利用できるサービス

サービスをもっと見る

ニューカレドニアの大自然が、あなたの欲求を全て満たします!